お店で売ってあるアイスですが、どのくらいの頻度で食べますか?冷凍庫に常備して毎日食べるという方もいるかもしれませんね。なにげなく食べているアイスが乳成分の違いによって種類分けされていることをご存知ですか?その違いについてご紹介します。

アイスクリーム

乳固形分15.0%以上で、そのうち乳脂肪分が8.0%以上のものを「アイスクリーム」といいます。

アイスミルク

乳固形分10.0%以上で、そのうち乳脂肪分が3.0%以上のものを「アイスミルク」といいます。

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上のものを「ラクトアイス」といいます。

氷菓

ラクトアイスより乳固形分が低いものや含まれていないものを「氷菓」といいます。

様々な種類のアイスを食べながらJackpot City カジノを楽しめば最高の家時間が過ごせますね。